オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー

人気の資格

人事の仕事

社会保険労務士は国家資格を得て労働保険関係や社会保険関係の書類を個人や企業に代わって作成したり、労務管理等に関する相談に応じたりする専門職です。
雇用環境の多様化・流動化が進む昨今において、ますます重要性が増してきている職業です。
社会保険労務士になるには厚生労働省が指定する国家試験に合格し、各都道府県の社会保険労務士会の会員となる必要があります。
試験は毎年1回実施されますが、ここ数年は合格率が5パーセント台から8パーセント台と、たいへん狭き門となっています。
この背景には、1つには先に述べたような社会的な重要性から職業としての魅力が高まっていることがあります。
また1つには、社会保険労務士には企業の総務や人事部門に所属して業務を行う勤務社会保険労務士という独特な就労形態があるため、就職の際に資格を持っていると有利であるという認識が広まっていることもあります。
このように試験は難関であるため、多くの受験者は各種学校の通学講座や通信講座を受講して、試験に向けての準備を行っています。

時代と組織

組織は人が集まって形成されます。
それはどんな時代の集団でも同じ事です。
石器時代では多くの人が、集落を作り身体を寄せ合って生活していました。
戦国時代では大名の元に人が集まり天下統一を目指しました。
そして現代では企業の理念に賛同した人が、理念に沿った利益獲得を実現するために活動しています。
これらの組織では機能不全を起こさないように気を配る必要があります。
個人の性格はそれぞれ違います。
それらがただ漫然と集まっているだけでは、喧嘩も起きるし何より行動に移せません。
だから集まりから組織になるため、ルールやまとめ役が必要なのです。
そんな人事の大役を担うのが社会保険労務士の仕事です。
企業は人とお金と物で構成されていると言われています。
人の管理に責任を持つ社会保険労務士は、重要な仕事と言えるでしょう。
人の寿命は長くなり人口が増えた事で、同時に管理の方法も複雑になりました。
人事管理に知識が必要になった事は当然と言えます。
だからこそ社会保険労務士という資格が生まれました。
重要な責務を果たす必要があるから、能力を示す必要があるのです。
そしてそれを表すように社会保険労務士の資格取得は難しいのです。
そのような資格を取る手助けをするために、講座を開く業者が増えました。
難度の高い資格では優秀な講師による講座が望まれます。
それだけ独力の突破が難しいからです。
特に社会人になってから勉強しようとすると、効率的な勉強の必要があるため講座の存在は有難いものだと考えられています。

カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031